けいはんなLC-金属ヒーター,3Dヒーター,パルブラット,DPF,熱滅菌装置,空気浄化装置,脱臭システム-最先端技術

けいはんなLC-オパーツ株式会社

環境浄化装置の開発

1) パルブラット・3Dヒーター・M-DPF

1990. 電池極板の精度向上の研究開発途上、日新製鋼(株)の素材提供により、 多孔金属箔《パルブラット》を開発。

1998. パルブラットの用途研究途上、新たなヒーター《3Dヒーター》を発明

 

1999.11 京都市商工部の指導でベンチャー事業を開始。

2000.08 京都大学大学院エネルギー科学研究科塩路昌宏教授とのDPF共同開発研究。

同教授からのコンセプト提案と評価により、交互燃焼式の排ガス除去装置《M-DPF》を製作、開発、完成。

2001.07 東京都環境局にディーゼル微粒子低減装置として《M-DPF》の認定を申請。

平成13年12月に国土交通省からの要請。

平成17年排ガス規制調査研究用として、(財)日本自動車研究所の調査対象車両である名古屋市環境局タンクローリー車に2年間の調査装着。

2003.02 《M-DPF》の申請。

東京都・八都県市(東京都、埼玉・千葉・神奈川県、横浜・川崎・千葉・さいたま市)の指定書の交付を受け、同年6月から一般販売開始。

2) 焼却滅菌型空気浄化装置

1998.04 平成10年の《パルブラット》開発以降、《3Dヒーター》の発明や《M-DPF》の指定申請を行う。

《3Dヒーター》の利用方策の一つとして、根本的な疫病防御法である焼却処理に着眼し、熱滅菌による空気清浄という方向性を見いだす。

2002.01 結露を生じない熱交換技術を、京都工芸繊維大学工芸学科機械システム工学科土屋八郎教授の指導の下で共同開発。

、《焼却滅菌型空気浄化装置》の最重要課題であるコロニー形成による耐性菌化の危惧を解決。

(財)結核予防会結核研究所基礎研究部において噴霧BCG菌(結核菌検査菌)の滅菌効果を実証。

さらに国立療養所東京病院でもCFUカビ菌(空中浮遊真菌)滅菌効果を実証。

2002.04 結核予防会結核研究所の土井教生研究員により、獣医大学主催の実験動物コンファレンスに 焼却滅菌型空調機器としての有効性が紹介される。

2002.11 日本バイオセーフティー学会

土井研究員、土屋教授とと もにバイオハザード防止の観点から、結核菌の焼却滅菌実験結果と空中浮遊菌の除菌効果の実証報告を併せ本製品を発表、 一般販売開始。

3) 消臭装置

2003.03 消臭に関して、京都大学再生医科学研究所 池内研実験室の依頼により《触媒付3Dヒーター》を提供。

硫化水素とメチルメルカプタンで処理後ガス濃度検査が0ppmを実証。

環境浄化装置の開発製作主要事業内容

・金属性ディーゼル微粒子減少装置、熱滅菌型空気浄化装置

 

・空気脱臭装置、半導体ヒートシンク

■M-DPF(ディーゼル微粒子減少装置)

       
  1. 2005年10月1日より新長期排ガス規制施行!パルブラットを使用した金属全面ヒーター&フィルターによる優れた捕集システム。
  2.  
  3. 目詰まりがなくフィルター交換などの本体メンテナンスも不要。シンプルな構造で、現在ご使用の車両に容易に後付けでき現行バッテリーシステムでOK。
  4.  
  5. あらゆる燃料に、また、市街地走行から高速走行まで対応。 小型から超大型ディーゼルエンジンまで、また、コ・ジェネや発電機、船舶ディーゼルエンジンにも対応。

ディーゼル微粒子減少装置

■Perfect Clean(熱滅菌型空気浄化装置)

あらゆる空間のあらゆる菌も、花粉も、臭いも確実な焼却滅菌システム ~パーフェクトクリーン~ で浄化 !!

  1. これまでの浄化装置とは異なり、空中浮遊菌を焼却により滅菌。
  2.  
  3. 菌そのものをなくすため、新たな細菌繁殖、菌の耐性化がない。
  4.  
  5. フィルター交換などのメンテナンスは不要。したがって、ハイリスクな医療産業廃棄物処理も不要。
  6. 家庭用電源が使えるので、設置、移動が簡単。    必要な場所への使いまわしができて、経済的。

熱滅菌型空気浄化装置

Deo(脱臭システム)

3D(立体)ヒーターを用い、スピーディーに安定した効果が得られる脱臭システム ~デオ~ を開発いたしました

  1. 通電加熱した多孔集積体に臭気を通過させる  直接加熱方式。     ⇒ 瞬時に触媒反応温度域へ上昇
  2.    
  3. 流体方向の均一な加熱と拡散により  温度管理の均一性を実現。     ⇒ 安定した触媒反応を促進
  4.    
  5. 特殊構造の多孔体で臭い粒子などの  捕獲と焼却が同時にできる。     ⇒ 触媒効果をさらにバックアップ

DEO脱臭システム

3Dヒーターの構造と特性

高電気抵抗性ステンレス箔製のパルブラット(※)と絶縁テープ(アルミナ)を重環した多孔集積体に通電加熱する抵抗加熱方式のヒーターです。(注) 後欄の<3Dヒーター使用に際してのご注意>をご参照の上、適切にご使用ください。

3Dヒーター

  1. 通電加熱した多孔集積体に処理対象物を通過させる直接加熱。
  2.     
  3. 流体方向の均一な拡散と加熱。
  4.     
  5. 均一面での均一な温度管理。
  6.     
  7. 多孔集積体での微粒子状物質の捕獲と焼却。

パルブラットの特徴

15μ~50μの厚さの金属箔両面に均一な波形とバリ付貫通孔を特殊加工することにより、1.5倍から3倍もの表面積を得られ、自由な発想で多方面への可能性が広がる、汎用性に優れた部材となります。

バルブラット

〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1-7
TEL/FAX:0774-98-2296 

E-mail:ohara@oparz.com

●URL: オパーツ株式会社

Copyright(C) 2008 けいはんなラボコミュニティ All Rights Reserved